プロフィール

こんにちは
Mochokoです。

私は都内在住の食べることを愛する会社員です。現在1歳の息子を育てながらブログでレシピやごはん、子育てに関する情報等を発信しております。
生まれ付き心臓病を患うカニンヘンダックスの保護犬ちゃんと、愛する夫と4人暮らし。
赤ちゃんのネントレに関してちょっと詳しいです。

【Work】
〇料理ライター(撮影込み)
〇商品PRや使用レポ等のご依頼はお問合せから随時受付中

【このブログについて】
仕事は忙しいけど毎日美味しいものが食べたい
でも外食は高いし一人で行くのもちょっとなぁ
と思いながら、仕事終わりに毎日料理をする日々。

賃貸一人暮らしの狭い自宅のキッチンで、
作り方やコツ、自分が好きな味をノートにまとめ始めて1年4カ月
せっかくならとレシピや食べたものをブログに記していくことにしました。

結婚・出産を経て、最近では子育て関連やグルメレポなどその他雑記も更新中!

よろしくどうぞ。

↓私のことが少し詳しく書いています。
「ごはんへの熱き想い」が気になる!と思ってくれた方は、以下もどうぞ。

目次

Mochokoってどんな人?

ひとに驚かれるぐらいによく食べます。
好きな食べ物はお肉とカレーとハンバーグ。ごはんに合うおかずが大好き。

外食ではカウンター鮨にハマり中。家でも外でもおいしくてボリュームあるサラダを食べられるとテンションが上がります。

なかなか毎日はできないけど、ベッドの中で寝る前にする読書が趣味。
育児の合間をぬって夫が時間をプレゼントしてくれる週末は、書店へ出掛けるのが最高の贅沢&リフレッシュ。


【生い立ち】
四人兄妹の真ん中として生まれる。

マイペースな兄2人、我が道を進む破天荒なかわいい妹に挟まれよくも悪くも我慢強く空気を読みがちな人間に育つ。(真ん中の宿命……!)

幼い頃から父が厳しく、食べ方やマナーでよく怒られる食事の席が苦手で家のごはんが大嫌いだった。
しかし成人した後、仕事で帰宅が深夜になっても母が毎日必ずごはんを用意してくれたことにとても励まされる経験をする。

おかげで”家で食べるご飯”が大好きに。

大人になって、気持ちの込もった手作りのごはんは心に効くのだということを初めて知る。
2020年に夫と結婚し、動脈管開存症を患う可愛いワンちゃんを迎え、2022年に第一子出産。

忙しい現代人は家でごはんを食べる時間がもったいない

20代後半のこと。

仕事が激務で体調を崩し、そのまましばらく仕事をお休みさせてもらったことがあります。
当時は終電で帰るのが当たり前だったので、食生活はもちろん荒れていて朝昼晩毎日コンビニごはんをかきこんでいました。
食欲を感じない日はごはんを食べないことも。

食べる行為は楽しみではなく「義務」へと変わっていきました。

ご飯を楽しめなくなってから、緩やかに日々少しずつ心が荒んでいくのがわかりました。
気付けばお肌も黒ずみ見るからに老けたし、食費もかかり貯金も積極的にできず、なんだかすべてがボロボロでした。

仕事って大変だしいつもやることに追われて、プレッシャーやストレスが重なるとごはんなんて気にかけてられないですよね。できれば簡単に済ませたい。

忙しい人ほど、わざわざごはんを作る余裕も無いし時間がもったいないですよね。

自炊しない選択はどう考えても合理的!
それでも自炊する理由は何?

コロナを経て、近年は一人で入りやすいお店が増えました。
健康志向で味も良いし、お酒を飲まなきゃそんなに高くないので外食しても1000円ちょっとで済むこともあります。

”材料を買って考えて作って食べて片付ける”、こんなに面倒くさいことをわざわざやらなくてもたった1000円払って外食すれば時間も節約できる。今の時代外食に頼るのは非常に合理的です。

それなのに、なぜわざわざ家で料理を作るのか?

料理を作る=食べる人のことを考える

料理を作る行為には、上述の通り”材料を買って考えて作って食べて片付ける”ところまで含みます。
その工程にかける時間や手間は、すべて食べる人のためにかけられたもの。
それはつまり《愛情》なのだと考えています。
シェフを除き、自宅で料理する時に食べる人は多くの場合「自分」も含みますよね。

つまり料理をすることは自分にも愛情をかけるということ。

美容にお金をかけたり、スイーツを食べて旅行に行って自分を労わる方法も良いですよね。そういうたまの贅沢も必要で、それがあるからこそ辛い時期に仕事を頑張れることもあります。

一方「自炊」は毎日のこと。

忙しいからこそ、ストレスの多い毎日を生きるからこそ、日常の中で当たり前に自分を思いやることのできる「自炊」を心からおすすめしたいなと思っています。自炊といっても難しいことはしなくてよくて、簡単なものを簡単に作って食べて片付けるだけ。

自炊をすると単純にいいことがたくさんある

1,一食数百円で食べられるなど節約できる
2,日常生活の中で当たり前に健康のコントロールが可能になる
3,レシピがあれば美味しいものが簡単に作れる
4,経験値と比例してレベルが上がるので生涯のスキルになる
5,頭を使って集中するので気分転換になる

特に最近自分の中で強く実感しているのは4と5です。冷蔵庫にあるもので気分に合うものをぱぱっと作れるようになると料理が本当に楽しくなってきて、レパートリーもどんどん増えていきます。

どうせ料理するなら美味しいものが食べたいから、あれこれ考えながら作業してると雑念を忘れられて良い気分転換にもなります。

作る人は野菜の彩りや食器を美しいなと思う心に出会えたり、一方で食べる人は作った人の愛情を直で感じることができたり。

ごはんって奥が深くて本当に楽しいですね。

最後に

熱く語ってしまいましたが、長文を最後まで読んでくださってありがとうございました。
ぜひブログの方も読んでいってください!