【雑記】日赤医療センター(@渋谷)で出産しました!★出産費用公開★

こんにちは。もちょこです。
よかったらプロフィールページもどうぞ♪

2022年の春、東京渋谷にある”日赤医療センター”で出産しました👶✨

出産前はYouTubeやブログで
「日赤 産科 どう」「日赤 出産 費用」
など調べまくってましたが、

情報がすくなすぎて(;O;)

昔のブログ記事なんかはちょこっと出てきたりもしたのですが、
最近はどうなんだろう??
もっと具体的に知りたい~!ってもやもや💔

もちょこ
自分で調べてもほとんど情報が無かったので、
少しでも需要があればと思い記事にすることにしました☺

「料理ブログなのに・・・」と思いながらも
最近なかなか料理を写真に撮る余裕がなく( ;∀;)💦

ぽちぽち出産や産後のことを雑記に記していこうかなーと
ゆる~く思っておりますので
興味のある方は読んでいってください😊✨

日赤医療センターで出産することに決めた理由

家から交通面で通いやすいというのも理由の一つですが
何よりも、当初ハイリスク妊婦だったため
NICUがあり実績のある大きな総合病院安心感があったからです!

もちょこ
日赤医療センターは
ドラマ化された『コウノドリ』の舞台にもなった病院です☺

日赤の産科へ上がるエレベーターホールに、コウノドリに出演した俳優さんのサインが置いてありました(*’v’*)♪

日赤で出産してかかった費用はいくら?

結論から書くと、
産後の入院(延長無し)含めて出産にかかった費用は、
トータルで ¥822,740- でした!

もちょこ
思ったより高かったーーーーーー!!!!💦

大部屋でしたが、お隣さんと家具で仕切ってある大部屋で入院したので
室料差額(¥105,000-)が発生しています。

ナニコレ?っていう項目もありますが、
ここは人によって(出産方法等によって)異なる部分かと思われます!
私の場合、色々と医療処置をしたので少しお高めでした!

その他かかった費用について ★自然分娩予定★ →子宮口10センチから自然にでてこない →妊娠促進剤 →吸引だめで鉗子分娩で出産 →胎盤出てこず処置 ※会陰切開&その他箇所縫合 ※産後出血多量に緊急縫合手術

↑このように手術等の処置をしたのにくわえ
出産したのが深夜だったため深夜料金も加算されました( ^ω^)痛い!

結局、実際に負担した金額はいくら??

自己負担額は、上記の通り¥92,740-でした!
住んでいる自治体からの助成にかなり助けられました。

私は個人で医療保険にも入っていたので少し戻ってくるのと
会社から数万円のお祝い金ももらえたので
それらも加味すると手出しはゼロ円で済みましたーー!

医療保険に入っておいてよかった!

妊娠から加入していた医療保険ですが、
帝王切開等の”何かしらの医療行為”で出産した場合や、
医療目的で入院日数が伸びた場合は医療保険がおりるプランでした!

私の場合は、出産前に本当に入っておいてよかった・・・
と心底思いました☺

もちろん、医療行為が無く、
保険を使わずに安全に産めるのが一番よいのは間違いないです✨✨

日赤医療センターでの出産当日の流れ

21時頃に家で陣痛がきて、
翌朝8時頃、大体10分間隔になったので陣痛タクシーで日赤へ。

その後NSTで👶の様子をみてもらって、
こちらの陣痛室=分娩室へ通されました!

この部屋、広くて綺麗でかなりよかったです♪
陣痛中もしっかり集中できました!

このベッドの上で陣痛に耐え、
そのままベッド上で出産しました。

産後はさっそく入院部屋へ移り、いっきなり母子同室です!!

もちょこ
日赤はいきなり母子同室です!
休む間もなく赤ちゃんと1対1の生活が始まります

ちなみに私の場合は
産後手術したことで出血も多く
歩けずトイレも自力でできない状態だったため
出産当日の一晩だけ赤ちゃんを預かってもらえました✨

でも3時間置きに授乳で連れてこられるので、
まったく休めなかったのですが!笑

日赤の入院食ってどんな感じ??

↑これは陣痛に耐えてる時、分娩室に持ってきていただいた夕飯です!
(陣痛中もしっかりご飯がでます!完食しました^^)
ふりかけは自前です😋

↑後述しますが、入院生活が辛く
食事もあまり食べられなかったのもあり
ご飯の写真3枚しか無かったです🥶

日赤のご飯は、まずくはないけど特別美味しいわけでもなく
THE 病院食!!って感じでしたーー!
お祝い御膳も一切無し🍚

健康に配慮された薄味
ほんっとふりかけもってきておいてよかったです(‘ω’)

日赤での産後の入院生活はどうだった??

以下は、飽くまでも個人の主観ですのでご参考までに!!

ちょっと上にも書きましたが、日赤は母乳に関してかなりスパルタでした。
母乳育児を頑張りたい人にはとても良い環境だと思います!

反面、母乳が出ない人かなりつらいと思います。

もちょこ
私は母乳が全然でなかったので、本当に辛かった・・・

優しい助産師さんもいるけどドSな助産師さんも数名いて
ドSさんが担当の日はメンタルがやられてました(笑)

もちょこ
3日目ぐらいからは少し慣れて、優しいスタッフにだけ質問するように工夫してました笑


例えば・・・

産後、身体的ダメージが強く自力で起き上がれなかったので
ナースコールでスタッフを呼んで「ちょっと赤ちゃんみててほしい」旨伝えて
連れて行ってもらっていたのですが

【ほんとはナースコールではなく、自分で歩いて預けに来てほしいんですけどね、他の皆さんはそうやってますよ】

と暗めのトーンで言われてめっちゃめちゃ凹みました( ;∀;)

もちょこ
産後は激弱メンタルのため、強く言われてかなり精神的にきました💦

一方で、ちょっと個人が特定されてしまいますが
婦長さんは本当~~に優しくて、親身に話も聞いてくれて
赤ちゃん預かってくれてる時もウェルカムな雰囲気ですごくありがたかったので

本当に、人によりけりみたいです(._.)

日赤は「ミルクはあげてくれない」ってほんと??

噂通り、ミルクは極力あげちゃダメな雰囲気でした。

産後3日たっても母乳が軌道に乗らず
赤ちゃんに黄疸がでてきてしまったことや
母乳が出ず、赤ちゃんも空腹で永遠と泣き止まないので全然休めず(´;ω;`)

「母乳が全然でないので少しだけミルクあげたいんですが」
とほぼ半泣きで相談した時のこと。

その時たまたま対応してくれた助産師さんから

【うちは母乳推奨なので、栄養失調寸前にならないとミルクはあげられない】
【もうちょっと母乳がんばって】

と言われ、その時はすごく辛かったです💦

が、翌日別の助産師さんに同じことを相談してみたところ
ミルクを少量与えられることになったのです🤩

もちょこ
ミルクをあげられて私のメンタルも回復!!

実は、産前のバースプランに【最初からミルク混合希望】と記入し
「混合でも全然いいですよ^^」と言われていたので安心していたものの
現場の雰囲気はやはり母乳が正義!!という感じでした✨

もちょこ
母乳頑張りたい人にはおすすめな病院だと思います✨

日赤で産むべき??

日赤で産むメリットは、
①嫌でも母乳頑張れる
➁母体と赤ちゃんに何かあっても安心感がある

この2点に尽きるのではないでしょうか!!

私の場合は、子宮口10センチから頑張っても出てこなくて
促進剤も吸引もだめで、結局鉗子分娩で出産しました。

そのため、助産院では確実に出産出来てないと思います・・・

もちょこ
それを考えると、私の場合は総合病院で出産してよかったと思います💦

日赤の医師にも言われましたが鉗子分娩ができる病院もほぼ無いそうで、
他の病院で出産してたら帝王切開になってたそうです!

もちょこ
陣痛18時間耐えて会陰も切開してからの帝王切開・・・想像しただけで辛い

やはり何かあった時の安心感は強いですね✨



一方で、少しでもミルクとの混合で考えてる人は
日赤はやめた方がよいと思います。

さらに、お祝い膳も無ければ、THE 病院って感じなので
助産院なんかに比べると結構みんなドライです。


何かあった時の安心感はめちゃくちゃありますが、
アットホームで特別な雰囲気で出産したい方にはおすすめしないかなー
って感じです(*’ω’*)

以上、日赤の出産レポでした!
それではまた~♪

料理ランキング

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: br_c_1321_1.gif

\シェアしてくれると嬉しいです♪/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。